リョナシーンが多いアニメを教えてください。 流血も好きですが、でき

リョナシーンが多いアニメを教えてください。 流血も好きですが、でき…

リョナシーンが多いアニメを教えてください。 流血も好きですが、でき…

リョナシーンが多いアニメを教えてください。
流血も好きですが、できれば腹パンや電気などで悶絶してる方が好きです。

いいご趣味をお持ちで


リョナグロアニメの有名処だと
「エルフェンリート」
「極黒のブリュンヒルデ」...

質問タグ:リョナシーン,キリングバイツ,メイドインアビス,流血,サイコパス,モルジアナ,多いアニメ

毎週土曜日にNHK総合テレビにて放送中のテレビアニメ『アトム ザ・ビ…

毎週土曜日にNHK総合テレビにて放送中のテレビアニメ『アトム ザ・ビ…

毎週土曜日にNHK総合テレビにて放送中のテレビアニメ『アトム ザ・ビギニング』に、After the Rainのそらる、まふまふが声優として出演する。 どう思いますか?

アンサー

ファンとしてはすごく嬉しいですけど
まふくんのことを知らない人とかは
「誰?声優じゃなくね?」と批判があるかもしれませんが
歌のときでも演技(?)とかも上手いと思ってるので、いい経験になったと私は思います!
◆とても素敵な感じ!(笑)
◆確かに死んでますね
あんたなんかいらねー
◆最高だと思う。
あ、けど、その物語のカギを握っている役じゃないらしい。いわゆるモブキャラらしいよ。
でもATRファンとしてはめっちゃ嬉しい。


質問タグ:After The Rain,まふまふ,アトム ザ・ビギニング,そらる,毎週土曜日,ATRファン,モブキャラ

Fateシリーズについての質問です。 Fate EXTRA Last Encore のアニメ…

Fateシリーズについての質問です。 Fate EXTRA Last Encore のアニメ…

Fateシリーズについての質問です。 Fate EXTRA Last Encore のアニメを2話まで見ました。世界観が全くわかりませんでした。調べて見たところ、月にあるシステムの電脳世界での聖杯戦争ということはわかりました。
ここで疑問があります。今までのアニメでは同じ世界での話しでしたがこの作品に関しては違う世界なのでしょうか?
そしてFateシリーズは原作がゲームであり、色々な結末やルートがあるのはわかりますが、ゲームの種類が多い中で全ては繋がっているのですか?それとも1つのタイトルにつき1つの物語であり1つの世界なのですか?
話は変わりますがスマホアプリのFGOでは今イベントでApocryphaとのコラボをしていますが、そのストーリーではカルデアのある世界から裏の世界に持って来た聖杯の裏でおかしな聖杯戦争がされているということでした。そこで疑問なんですが、聖杯の裏で他の聖杯戦争がされているとはどういう事なんですか?
ここでシリーズ全体を通しての疑問なんですが、聖杯、教会・神父、世界、アインツベルンの関係性はどんな感じなんでしょうか?
そしてゲームをプレイするにあたってどの順序でやればいいのか、どのようにストーリーが繋がってくるのかなども教えて欲しいです。
長い質問になりましたが回答よろしくお願いします。

アンサー

まず最初に、「質問がながい」
知りたいことを全部いっぺんに聞くのではなく
ちゃんと分けて個別に質問した方がいいよ
回答にだって文字数制限があるんだし
過去のFateアニメ化作品は(一部の例外こそあれ)
基本的には「原作のアニメ化」だけど
LEに関しては
わざわざ別タイトルになってることからも分かるように
「EXTRAシリーズの新作外伝」として存在するアニメ
ただ、世界観に関しては
「EXTRA」そのものと同一ではないにせよ
その延長線上にあるものなのは確か
ちゃんと「EXTRA」やった上で見るのが推奨
世界がつながっているのか、に関して
明言するにはちょっとややこしい部分があるんだけれども
多分質問主さんが考えてる意味で言うなら
「全部別々の世界」でOK
どれかの作品が直接別の作品につながるわけではない
一見「前作→続作」に見える関係性でも実際には
「前作と極めて近いことが起きたが、前作には収録されていないルートを通った上での続作」
というパターンが殆ど
明言したくなかったのはFateシリーズが
その差異まで含めた「並行世界観」にガッツリ触れる作品群だから
それぞれは別々の世界でも、更に大きな世界群という枠組みでつながっているとも言える
(個別の惑星と太陽系、銀河系の関係とも近い)
Apoに関しては
そもそもApo終盤で聖杯が起動してしまう
→このまま機能したら世界がヤバイ
→起動の取り消し「出来ません」
→聖杯を破壊して無理やり止める「出来ません」
→じゃあ、聖杯が機能しても世界に影響及ぼせない場所に封印すればいいのでは?
→世界の裏側に持って行こう
というのが大体の流れ
あの邪竜はその
「世界の裏側に聖杯を持って行き封印している」存在
で、封印していたはずの聖杯が何らかの理由でバグを起こし
「聖杯内部で無数の聖杯大戦シミュレートが行われ始めた」
「それとリンクして誰かに聖杯支配権を奪われそうになっている」
「聖杯が暴走したら色々困るし、世界の表側もまたヤバくなるかもしれない」
ということで今回の異変を解決しよう、というのが流れ
なぜ内部で聖杯戦争シミュが起きたか
誰がそんなことを企んだのかは、今回のイベントの中で明らかにされること
始まってまだ24時間と経ってないイベントの顛末を
全部知ろうとすること自体に無理があるって話
ゲームであれば
「SN→hollow」が一番最初
タイころとかまで手を出す必要はあんまりない
その後、SN世界とつながりの深い
ZeroやApoなどの小説版を読んでいくのが無難
次にエクストラ世界をめぐる
「EXTRA→CCC→EXTELLA→(6月発売の)LINK」の順になる
CCCの外伝として漫画版の「CCCFoxtail」も存在するけれど
どのタイミングで読み始めるかは(CCCをクリアした後なら)
どこでも自由、というかまだ完結してないしね
さらに
この2大シリーズ以外に存在する
「プロト」や「プリズマ☆イリヤ」、「Fake」などは抑えておきたい
他にもいわゆるギャグ系枠もあるし
厳密にはFate作品ではないけれどメルブラ外伝のマンガで
「路地裏ナイトメア」なんかもある
ぶっちゃけ現状のFate作品で
「各ゲーム版」は「非常に重要」で「決して外せない」が
「スタート地点」に過ぎないと考えた方がいい
それ以外の派生作品が多すぎる
「根源の渦」というのは「全ての魔術師が目指すべき最終目標」で
過去現在未来、誇張でもなんでもなくありとあらゆるものが
始まり、終わるまさしく全ての「根源」が存在する場所
Fateに限らず型月作品に共通する概念で
いろんな魔術師はここに至るための方法を模索する中で
各々の魔術を作り上げている
聖杯戦争もあくまでその手段の一例にすぎない、ということ
まぁざっくりしたところで言えば
大聖杯≒聖杯戦争が出来るようにするためのシステム
小聖杯≒聖杯戦争を通じて根源へ到達するためのツール
だから大聖杯が流出したApo世界では
まがい物の「亜種聖杯戦争」がいたるところで起きている
◆とても丁寧な回答ありがとうございました!
◆原作のstay nightから繋がっているのはロードエルメロイ2世の事件簿のみで他は世界観を共有したパラレル物語、本編開始してからの分岐、4次からの分岐、3次からの分岐、神代から分岐など分岐地点は様々、言ってしまえば作者の作風によって如何様にも広げられる設定
現在アニメ化されているstay night UBW アポクリファ エクストラ zero プリズマイリヤ そのすべてがパラレル。ただし同じ題名のシリーズ(プリズマイリヤ123やエクストラ、CCC)などは繋がっている。
イベントはまだ結末が明らかになっていないが聖杯内部で過去のデータを元にしたシュミレーションが数万回行われている。つまり本物ではない。
聖杯はキリストの血を受けた杯、アーサー王伝説にも登場する願いを叶える奇跡。聖杯戦争はこれを奪い合う、しかし原作の聖杯が本物でないことは周知の事実、それでも願いが叶うのなら本物かどうかは気にしない。
聖堂教会とは神の教えを信じる組織で聖人のみが奇跡を扱えるとして、無断で奇跡を扱う魔術師とは犬猿の仲、原作では聖杯の真偽を確かめ本物なら回収、偽物なら教えに反するものとして破壊する名目で監督役を派遣する。神父は組織の末端、魔術の存在すら知らないものもいる。アインツベルンは錬金術の派生であるホムンクルスを作成することに長けた一族、聖杯戦争での聖杯の器作成役を担っている。世界は質問が曖昧で答えづらいが神代を経て物理法則が支配する現代に至る。人理というベールで包まれており、その裏側には神話の生物や神代の高濃度魔力が存在する。
ゲームは取り敢えずfate/stay nightをやれば後は好きな順番で。
原作での聖杯戦争の目的は聖杯に認められるために他のマスターを下し、願望器である聖杯で願いを叶えること。
エクストラも同様、しかしどちらにも真の目的が存在する。
根源とは全ての始まりにして全ての終着点、ゆえにそこには世界の全てが記されており、あらゆるものの根源であるためそうよばれる。魔術師とは根源に至るための研究者であり、魔術はその手段でしかない、もし魔術よりも根源に近づく手段があれば魔術師は喜んで魔術を捨てる。その為根源を目指さない者を魔術使いと呼び侮蔑する。
大聖杯は地脈からの魔力の吸い上げやサーヴァントの召喚、マスターの選定などの聖杯戦争システムが刻まれた本体、小聖杯は聖杯戦争の景品であり、大聖杯の力を使うための端末。
◆まず、原則としてsnと世界観が繋がっているのは、「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」のみです。
Zero、Apocrypha、EXTRA、それらは全てパラレルワールドの作品です。
次に、聖杯大戦の再現が行われているのは、大聖杯の「裏側」ではなく「内側」です。
何者かの手によって、大聖杯の中がシュミレーターみたいな状態になっている、と考えればいいです。
次に、聖杯というのは元々、イエス・キリストの持っていた、あらゆる願いを叶える力を持った器のことです。
聖堂教会はキリスト教の組織なので、仮に擬似的なものであれ、聖杯を管理するのは彼らの仕事の1つになります。
この聖杯を遠坂、マキリ、アインツベルンの所謂「御三家」が各分野の技術を持ち寄って模倣したのが、冬木の聖杯です。
このうちアインツベルンは、サーヴァントを呼び出して現世に留めておく、簡易的な「魂の物質化」を担当しています。
人間の魂は膨大な魔力を持っていますが、魂には形が無いのでこの世に留まれず、その魔力を抽出することはできません。
魂に形を与え、その魔力を抽出可能にするのが「魂の物質化」の最終到達点であり、聖杯戦争の最終目的です。
根源とは「この世界の全てが記録されている異空間」のような場所で、サーヴァントが座に帰る際に開く孔の向こう側です。
到達すればこの世の全てを掌握し、何でもできる、ような認識でOKです。
ただし根源に到達した場合、人類の成長が止まってしまうので、根源に到達しうる行動は人間世界の持つ「抑止力」に全力でブロックされますが。
おすすめプレイ順
・大元のstay night
・sn後日譚のhollow ataraxia
・EXシリーズ
発売順にEXTRA→EXTRA CCC→EXTELLA→EXTELLA LINKa(未発売)
大抵Vitaでプレイできるので、というかEXTRAとCCCはPSP専用ソフトなので、Vitaでプレイすることをおすすめします。
◆>聖杯戦争の本当の目的とはなんですか?根源に達するためとは書いてありましたがその根源がわかりません。
これは原作にして原点のFate・staynightの設定で Last Encore の設定とは違う。LEは月の聖杯を手に入れそれによって世界を変える。SNの聖杯は実は第3魔法という失われた魔法を再現するための儀式で、根源という次元論の頂点にある・アカシックレコード・あらゆるものを作り出せる神様の座にたどり着いて、その第3魔法に至ろうとしたというのが目的
>あと、大聖杯と呼ばれるものと小聖杯と呼ばれるものがありましたがこれはなんなのですか?聖杯は1つではないのですか?
冬木には聖杯戦争を成立させるための巨大魔法陣大聖杯とあらゆる願いをかなえるだけの膨大な魔力を受け止める器で願いをかなえる物としての機能を持った小聖杯が存在する
◆>今までのアニメでは同じ世界での話しでしたがこの作品に関しては違う世界なのでしょうか?
これまでのアニメ作品と同じく、同じ世界だが歴史が異なるパラレルワールド。
『stay night・hollow ataraxia』、『EXTRA・EXTRA CCC・EXTELLA・EXTELLA LINK』のような直系のシリーズ以外は完全なパラレルワールド。同じシリーズでも作中にルートが存在するので直系で繋がっているわけではなかったり分岐していたりする。
基本的にタイトルが違えば世界状況が異なると思った方が良い。
>カルデアのある世界から裏の世界に持って来た聖杯の裏でおかしな聖杯戦争がされているということでした。そこで疑問なんですが、聖杯の裏で他の聖杯戦争がされているとはどういう事なんですか?
まず前提が間違い。
イベント『Apocrypha Inheritance of Glory』の舞台はFGOの世界ではなく『Fate/Apocrypha』(あるいはそれに近似した)の世界。
世界の裏側に持ち込まれた大聖杯は『Apocrypha』世界の物。
歴史が途中で分岐しているので同じものが互いの世界にあるため主人公が知っているのがFGO世界の大聖杯なだけ。
聖杯戦争が起こっている理由は現在は不明。それを解き明かし解決するイベント。
>聖杯、教会・神父、世界、アインツベルンの関係性はどんな感じなんでしょうか?
聖杯とは願いを叶える万能の願望器。
『Fate/stay night』の冬木の聖杯戦争では7騎のサーヴァントを従える7人魔術師が殺し合い最後の一人に勝ち残ることで聖杯を手にできるとされている。
聖堂教会は「聖杯」と呼称される物品を監視することになっているため、聖杯戦争の監督役として神父を派遣している。
アインツベルンは『Fate/stay night』に登場する魔術師の家系で聖杯戦争を開催する御三家の1つ。
聖杯戦争の目的はサーヴァントの魂を捧げることで『聖杯』を完成させ、それを得ること。
御三家の目的はその聖杯によって根源に到達する事。
根源とは世界のすべての事象の元になる万物の源。所謂「真理」「究極の知識」。
大聖杯とは聖杯戦争のシステムを司るいわば冬木の聖杯の親機。
小聖杯はサーヴァントの魂を回収し、勝者が願いを捧げるいわば冬木の聖杯の子機。
「聖杯」という名称で聖杯としての機能があればすべて聖杯。
冬木の聖杯は「第七百二十六号聖杯」。
また、能力は名前が聖杯でも同じとは限らない。
Fateシリーズは基本的に直系のシリーズ以外ストーリーは繋がっていない。
設定の理解のために『Fate/stay night』を最初にプレイするのが望ましいが、それ以降はシリーズ物以外好きな順番で触れればいい。
『Fate/Grand Order』では他作品のキャラクターについてのネタバレが多いので他の作品を知っていた方がより楽しめるが。
◆・ここで疑問があります。
今までのアニメでは同じ世界での話しでしたがこの作品に関しては違う世界なのでしょうか?
この時点で認識がおかしいです。
・Fateシリーズは原作がゲームであり、色々な結末やルートがあるのはわかりますが、ゲームの種類が多い中で全ては繋がっているのですか?
つながってません。
・1つのタイトルにつき1つの物語であり1つの世界なのですか?
そうです。
TypeMoonの諸作品「Fate」「月姫」「空の境界」「魔法使いの夜」は微妙に異なる並行世界で、聖杯、教会・神父、世界、アインツベルンの関係性などのほかの要素とともに共通設定となっています。
・聖杯戦争の本当の目的とはなんですか?
各作品で違う。
基本的に「万物の願いをかなえる「聖杯」を奪い合う争い」。
・根源に達するためとは書いてありましたがその根源がわかりません。
『根源』⇒「空の境界」へ
・聖杯は1つではないのですか?
教会や協会にとって、冬木で観測されたのは「第七百二十六号聖杯」である。


質問タグ:聖杯戦争,聖杯,アインツベルン,サーヴァント,根源,カルディア,Apocrypha