【マル得】歌手の松田聖子さんに関する質問です。 失礼ながらデビュー当時のルッ…

【マル得】歌手の松田聖子さんに関する質問です。 失礼ながらデビュー当時のルッ…

歌手の松田聖子さんに関する質問です。 失礼ながらデビュー当時のルッ…

歌手の松田聖子さんに関する質問です。
失礼ながらデビュー当時のルックスは中の下ぐらいで歌唱力もそこそこ上手い程度で年齢的にもアイドルとしては結構行ってたと思うのですが、トップアイド ルにまで上り詰めたのはなぜですか?

歌唱力は最初は声量もあり良かったですが。...アンサー

回答の修正ができないから追記・修正しました。
あの時代を肌で感じてはいないけど、考えられる要因を書きます。
ひとつは、時代性。
日本において1980年という時代の節目による分岐点。
第二次大戦の敗戦や学生運動といった重い空気の時代が急変したのが1980年という時代。
男性アイドルにしても田原俊彦のように軽く明るい時代へ移っていく中で、松田聖子の突き抜けるような高音はまさに象徴的な歌声と言える。
1980年に田原俊彦と松田聖子がブレークしていくのは時代的な必然であったと捉えられるという観点。
また、山口百恵と松田聖子は同じソニーレコードで山口百恵に用意していた広告宣伝費をまるまる新人の松田聖子を売る為に使えたという話もある。
松田聖子の経歴を見たらわかるんだけど、この人もデビューまでに苦労していてやっと80年にデビューできているのは、とてつもない運を持っているとしか言い表せない。
ふたつめは、当時のアイドル勢力図。
キャンディーズ、ピンクレディー、山口百恵が引退と聞いて、あの時代に誰がいたかというと石野真子なんだよ。
で、実際にぶりっ子という造語は漫画家の江口寿史が石野真子のしゃべり方に対してぶりっ子と使ったのが始まりなのに、松田聖子がぶりっ子の発祥かのように間違って伝わってしまうほど、松田聖子のインパクトと一気にブレイクしたのがこの逸話から伺える。
話は戻るけど、石野真子は山口百恵の次に当時人気があったアイドルなのに、彼女をトップアイドルという人はほとんどいない。
(当時、ダウンタウンの松本は山口百恵ファン、浜田は石野真子ファンというのは有名な話)
1980年に『日本テレビ音楽祭』のトップアイドル賞を山口百恵から引き継ぐ形で賞を取っているのにもかかわらずだ。
山口百恵のインパクトの強さと後にデビューする松田聖子のインパクトがあまりにも強過ぎたからではないかと想像しえない。
また、アイドルの旬は3年程度しか続かないという見方がある。
1978年デビューの石野真子は、80年においてもうアイドルの旬として限界にきていた。
それは松田聖子も同様でデビュー3年目の82年にデビューする中森明菜の追随にあう。
これは偶然でもなく必然でアイドルの旬が短いことを示している。
また、石野真子は翌年に長渕剛と結婚・引退を81年に表明していて、さながら山口百恵のようだったのに、これも山口百恵ほどあまり知られていない。
それはそうとして、80年に入って松田聖子より上の世代でライバルとなる存在がいなかったというのが見えてくる。
女優業をしていた薬師丸ひろ子が81年から歌手活動をするようになるけど、松田聖子と対立構造をなしたのは後の83年にある「探偵物語」と「プルメリアの伝説」の主演映画対決であって、そのとき既に松田聖子はトップアイドルの座にいたのだから薬師丸ひろ子がアイドルの扱いをされていなかったことがここでわかる。
上の世代のライバルがいないという事はあとは河合奈保子、柏原よしえといった同期だけという時代だったのがわかる。
今でいうグラドルのようなルックスの河合奈保子と当時の皇太子さまがファンだった柏原よしえが松田聖子を抜けなかった。
それは楽曲的なキャッチーさや広告宣伝費の差であったり、前述した高音域の魅力が時代にマッチしていたと。
また、華原朋美が90年代に高音で席巻したように、女性の高音に人は魅力を感じるのだと思う。
後に肩を並べられる中森明菜がデビューするのは82年になるし、小泉今日子がブレイクするのはさらに後になる。
みっつめは、楽曲。
ニューミュージックの取り入れ方が先進的で、これは同時期のアイドルと聞き比べると時代をリードしていたように聴き取れる。
<追記>
ここはあえて書かなかった部分だけど、松田聖子のデビュー曲がCMタイアップで誰が歌ってるのかわからない状態で売れて、その正体が分かって更に売れたという事実。
プロマイドの売上
s://entamedatawebfc2com/tv2/bromidehtml
これを見るように80年81年でトップの売上を挙げていて、歌だけでなくルックスでも売れていたのが証明されている。
今の価値観というか河合奈保子の方が可愛いだろとかいう視点で見てしまいがちだけど、俳優の木下ほうかが石野真子の親衛隊だったのに松田聖子を見てすぐさま乗り換えたくらい当時として松田聖子が男子にとって可愛い存在だったことが伺えます。
同性は松田聖子の媚びた仕草に嫌悪を持つ人もいたと推測できますが、男はアホなのでコロッと騙されたんでしょうね。
松田聖子が一気にトップアイドルへ登り詰めたのは時代が求めたアイドルそのものだったからとしか分析できない。
そして、松田聖子がアイドルという概念をも再構成させたことがわかるのは、花の82年組と呼ばれる世代がデビュー当初の松田聖子がしていた聖子ちゃんカットをしないとアイドルとしてデビューできなかったところから見て取れる。
こんな事は、戦後の芸能界において他に例がない。
だから、トップアイドルに登り詰めた理由があるとしたら、それは時代が求めたアイドル像に最も近かったからだと私は思います。
◆御指摘のとおり、アイドル時代の彼女を考える上で田原俊彦は欠かすことのできない存在だと思います。ここからは私の勝手な推測になりますが、失礼ながらあのルックスなので、芸能関係者も当初は彼女にあまり期待しておらず、田原俊彦の引き立て役としてメインディッシュに添えるポテトサラダ的な扱いで意図的に二人が共演する機会を多く設けたのではないかと思います。しかし、知ってのとおり、強かな彼女のことですから、金儲けのことしか頭にない芸能界のハイエナどもの餌食にされるいたいけな少女のフリをして逆に彼らを手玉に取ってのし上がった、ということかもしれませんね(笑)
◆トップアイドルに上り詰めた?
馬鹿も休み休み言ってくれ、あんなに傍若無人で厚顔無恥な輩って前代未聞だよ。
まあそれでもあいつが曲がりなりにも芸能界で百鬼夜行しているのもそれだけ日本がダメな国になっちまったからだな。
◆周囲のプロデュース力!
そして、本人のキャラクター力!
名曲との出会いとか、それが必要とされた
時代とのマッチング!
強運な人ですよね!
◆…ん?
それは…本人のやる気、楽曲、プロデュース、周囲のサポート、…全てが貴方の認識を遥かに上回って こりゃ凄いって思った人が圧倒的に多かったからですネ 松田聖子に限らず 何にも感じない人はいますし、解らない人は 全く解らないでしょうネ。
◆punさんの考察は素晴らしいです。納得できるし、同感です。
ただ、付け加えるとしたら、やはり、最初に原動力となったのは、あの唯一無二の歌声でしょう。
私が松田聖子さんに最初に注目したのは、"松田聖子"ではなく、あの歌声です。恐らく、当時を知る人なら理解していただけると思いますが、別のモデルが出ていた洗顔料のCMで、それが松田聖子だと知らずに聴いた、あのCMソング「裸足の季節」の歌声です。私には、一聴して、今まで聴いた事のないくらい魅力的な歌声に聴こえました。
そして、当時、多くの人が私と同じように感じたからこそ、あのCMに問い合わせが殺到したのです。
それが、松田聖子さんをスターダムに押し上げる、また、周囲がスターダムに押し上げようとした原動力になった事は間違いないと思います。
それに加えて、punさんの書かれているその他の複合的要素(時代や楽曲など)がドンピシャでハマったからこそ、"松田聖子"はトップアイドルに上り詰められたのだと思います。
何か一つ欠けても、あそこまでは上り詰められなかった(例え、そこそこ売れはしても)と思います。その時、その時で、時代が求めるスターが生まれるというのは、別に松田聖子さんに限った事ではありません。
ちなみに、ルックスに関しては、レコードデビュー前のドラマ「お大事に」(多分、再放送で観た)に出演していた頃や、デビュー曲「裸足の季節」を歌っていた頃の聖子さんは、アイドルにしては可愛くないなぁと私は思っていました。
でも、「青い珊瑚礁」からメイクを変えて目元の印象を強くし(聖子ちゃんカットもこの頃に完成形になった)、本来の人柄としての可愛らしさ(ぶりっ子と言われたけど)を前面に押し出すようになってから、可愛いなぁと思うようになりました。
聖子さんのセルフプロデュース力は凄かったです。もし、聖子さんがあの歌声だけで、時代の要求を察知して"アイドル 松田聖子"をセルフプロデュースする力がなかったら、アイドルとしては、あそこまでにはなれなかったと思います。
それと、年齢に関しては、聖子さんは歌手デビュー時には既に高校を卒業していたので、アイドルにしてはデビューが遅かったのですが、見た目は普通の高校生より年下に見えるくらいベビーフェイスだったので、私は年齢そのものが気になった事はありません。きっと、他の人もそう感じたから、あの年齢でアイドルでも違和感を持たれなかったのだと思います。
追記:
>失礼ながらあのルックスなので、芸能関係者も当初は彼女にあまり期待しておらず、田原俊彦の引き立て役としてメインディッシュに添えるポテトサラダ的な扱いで意図的に二人が共演する機会を多く設けたのではないかと思います。
質問者様は、当時を知らないのにこういう決めつけをなさるのは、どうやら、松田聖子さんがお嫌いなんですね。最初から期待する回答ありきで質問しているようですね。
松田聖子さんが既に"たのきん"として売れていた田原俊彦さんと共演できたのは、2曲目の「青い珊瑚礁」が売れたからです。上にも書いたように、その頃には既に"アイドル 松田聖子"が完成形になり、人気を不動のものにしていました。
当時を知っている人は、松田聖子さんを田原俊彦さんの引き立て役と思った事など、一度もありません。
言っておきますが、punさんも私も中森明菜ファンです。そして、私は田原俊彦ファンでした。
つまり、松田聖子さんは、ファンであろうとなかろうと認める存在という事です。k5bさんが仰っているように、解らない人は全く解らないでしょうが。
>しかし、知ってのとおり、強かな彼女のことですから、金儲けのことしか頭にない芸能界のハイエナどもの餌食にされるいたいけな少女のフリをして逆に彼らを手玉に取ってのし上がった、ということかもしれませんね(笑)
自分がそう思いたいなら、そう思うのは勝手ですが、ここで他人に同意を求めたり、同様の回答をしてくれる人を探しているのなら、無意味ですよ。
◆歌唱力は最初は声量もあり良かったですが。
5ヶ所の事務所にO脚だからと断られ仕方ないからサンミュージックにお願いしに行ったけどやはりガッカリだったそうで。
でも歌を聴いたら納得したとか。
最初は今でいうごり押しだったのかな。
それと他のアイドル歌手よりも楽曲の良さとタイミングの良さと運の強さと今迄に無い髪型がよく聖子ちゃんカットとして売り出してぶりっこイヤな人もいるけどぶりっこしてかわいいように見せたからと思います。


質問タグ:松田聖子,河合奈保子,田原俊彦,石野真子,山口百恵,ルックス,歌唱力

【究極】ボールパイソンの尿について質問です。 今年の10月で2歳になる子で、…

ボールパイソンの尿について質問です。 今年の10月で2歳になる子で、…

ボールパイソンの尿について質問です。 今年の10月で2歳になる子で、この子は生まれて6ヶ月の時から飼ってて1年くらい飼ってるんですが、今まで無かったのに最近尿が凄く脂っぽいです。
心当たる事は強いて言うなら今年の1月からつい2週間くらい前までずっと拒食していて最近餌を食べ初めてくれた事と、去年はこの暑さならクーラー付けてたのですがクーラーが壊れててこのクソ暑い中クーラーを付けてないという事くらいです。
何かの病気だったら怖いのでこの様な事になった事ある方対処法教えてください

アンサー

♂♀どちら?
体重どのくらい?
油っぽいといというのは粘液?それともラードみたく白くなるような感じ?
クーラー壊れた状態で飼育環境はどんなので湿度と温度どうなっている?
最近食べた餌は何をどのくらい?
尿は毎回油っぽい?糞も?
◆回答ありがとうございます!
オスで、体重は先月測った時は1014gでした
油はラードのような白いベトベトした感じです。
湿度は50位だった気がします。温度は35度くらいで40は行かないって位でした。
アダルトのLLを週一ペースです。
ふんはふつうな感じで、特に変わりはなかったと思います。


質問タグ:クーラー,心当,ボールパイソン,対処法,尿,粘液,ラード

【知っトク】100系のマークⅡ ツアラーv乗りです。 H10年式の19万キロ走行の…

100系のマークⅡ ツアラーv乗りです。 H10年式の19万キロ走行の…

100系のマークⅡ ツアラーv乗りです。
H10年式の19万キロ走行の純正5速MT車です。
いくつか車の不調があるのですが
原因は何でしょうか、、? まずはエアコンですが、冷えはするのですが効きがいまいち
弱いです。 ガスは交換済みです。 友人にも100系のチェイサー乗りがいるのですが
こっちは気温が35度オーバーでも寒い位効きます、、。
次ですが、たまにエンストします。 時々アイドリングが異常に低くなる時があり、
回転数が安定せずエンストします、、、頻発するわけではなく時々起こります。
エンジンの吹け上りは問題ないです。 エアフロとISCVの洗浄とプラグ交換はしました。
次ですがマフラーから少しですが煙が出ます、、タービンは最近リビルド品に交換したので
タービンではないと思うのですが、、、オイルは減ってはいない気がします。
次ですが、ギアの入りが硬いです、、特に2速では入らなかったりガリッとギア鳴きを
する時もあります。 あとバックもかなり硬いです、、クラッチを3回位踏みなおして
やっと入る感じです。 クラッチは数か月前に購入した際交換してもらっています。
ギアオイルも交換してあります。
長くなってしまいすみません。 これらの問題は何が悪いんでしょうか、、?
このまま乗り続けても大丈夫でしょうか、、? 私はまだ20歳で金が無いので
高額整備は無理です、、。

アンサー

1、僅かずつだがガスが抜けているか、エアコン本体の寿命か? ちなみにガスは入れ過ぎても効かないです。
2、プラグコードの劣化かも?もしくはコンピューターをリセットしたら直る可能性あり。
3、煙の色は?燃調が合っていないのかも?これもコンピューターのリセットで直る可能性があります。もしオイル漏れならオーバーホールを考えないといけないでしょう。
4、シンクロの劣化が可能性大。2速に入れる時にダブルクラッチまでしなくてもいいですが一回アクセルを煽って入れてみましょう。それでスムーズに入るならシンクロです。
感じ的には ブーン(1速)→クラッチ→ブン(アクセル煽るとほぼ同時に2速へ入れる)→ブーン(2速)です。
バックギアはシンクロがないのでクラッチ踏み直す以外の方法ではクラッチをずっと踏んだままでバック以外のギアに一度入れてからバックギアに入れるとすんなり入る事があります。例・停車→5速ギア→バックギア です、もちろん5速でクラッチをつなぐ必要はなく踏んだままです。一度試してみてください。
長く乗り続けるにはしっかりしたメンテナンスが条件です。それでも機械なので故障はあります、そのために毎月1万円位は整備用とは別に修理用に貯金しましょう。滅多に故障しない物ほど金額が高いんですよね(´・ω・`)一応滅多にだから不具合が起きた頃にはそこそこ貯まってて修理できるって感じの貯金です。
質問の中ではマフラーから煙以外は走行に支障はないっぽいので大丈夫でしょう。まずは煙の原因を診てもらった方がいいと思います。愛車を大事に長く乗ってください。
◆まあ…いわゆる寿命ってやつでしょうね。車は大抵寿命が来ると順番に壊れます。
金銭面もそうですが毎週週の半分位を車屋に預ける事に耐えられなくて手放す人が殆どです。(直してるからと言っても乗れないのは車の意味が?)
直すなら予算と期間を決めずにレストアレベルで直さないと次々壊れていきます。
◆>まずはエアコンですが、冷えはするのですが効きがいまいち弱いです。 ガスは交換済みです。
十分冷えていて、風量が足りないのであれば、ブロアモータ不具合の可能性があります。
冷えが足りないのであれば、コンプレッサから順番に見ないといけません。
ガスを交換した際に、何かアドバイスがありませんでしたか。
>次ですが、たまにエンストします。 時々アイドリングが異常に低くなる時があり、回転数が安定せずエンストします、、、頻発するわけではなく時々起こります。
エンジンの吹け上りは問題ないです。 エアフロとISCVの洗浄とプラグ交換はしました。
点火系、燃料系と順番に見て行かないといけません。
圧縮にバラツキがある可能性も、あります。
>次ですがマフラーから少しですが煙が出ます、、タービンは最近リビルド品に交換したのでタービンではないと思うのですが、、、オイルは減ってはいない気がします。
最近タービンを交換したのであれば、しばらく白煙が出る事はあります。
ヘッドを降ろした事が無いのであれば、オイル下がりの可能性もあります。
当然、距離的にオイル上がりの可能性もあります。
>次ですが、ギアの入りが硬いです、、特に2速では入らなかったりガリッとギア鳴きをする時もあります。 あとバックもかなり硬いです、、クラッチを3回位踏みなおしてやっと入る感じです。 クラッチは数か月前に購入した際交換してもらっています。ギアオイルも交換してあります。
その辺りのトヨタのミッションは、弱いです。ギヤが痛み易いです。
丁寧な操作を心がけないと、ギヤ鳴りが出ます。バラして見ると、ギヤ自体が痛んでいる場合が多いです。
お金は無いけど直したいなら、優先順位を決めます。
エンジン修理が最終的に一番、お金が掛かるので、まず圧縮を測って貰います。


質問タグ:クラッチ,タービン,ギア,エアフロ,吹け上り,ブーン,コンピュータ

【厳選】テレビドラマシリーズの鬼平犯科帳で、木村忠吾がうさぎ饅頭からうさ…

テレビドラマシリーズの鬼平犯科帳で、木村忠吾がうさぎ饅頭からうさ…

テレビドラマシリーズの鬼平犯科帳で、木村忠吾がうさぎ饅頭からうさぎと呼ばれるようになりましたが、鬼平犯科帳、第一期だとは思うのですが、何話目かわかりません、わかる方いたら教えて下さると幸いです。
よろし くお願いします。

アンサー

フジテレビ版、第一シリーズ第17話「女掏摸お富・めんびきおとみ」
1989年12月6日放送から。役宅でのお茶のシーン。
平蔵の女房久栄がお茶請けの”うさぎ饅頭”を持ってきて、
皆で食べる中、久栄から「木村殿は共食いにて」とあります。
すでに平蔵からはうさぎ饅頭そっくりということから
つねに”うさぎ”と呼ばれていたようです。
いつ呼ばれ始めたのかは原作にもなかったと思います。
すでにそういう設定だったのでしょう。
うさぎ饅頭は、芝新明町の菓子舗<まつむら>の名物です。
フジテレビ版、第3シリーズ第7話「谷中 いろは茶屋」
1992年2月5日放送から。
筆頭同心:佐嶋忠介の言葉。
「甘さもほどほど、塩味もほどほど。幾つ食べても腹にたまらず、
一個一文は安い。つまり毒にも薬にもならない穀潰しということ」
と、みんなが納得せざるを得ない忠吾の人物評がありました。


質問タグ:鬼平犯科帳,うさぎ饅頭,木村忠吾,テレビドラマ,何話目,平蔵,佐嶋忠介

コメント