【極秘】小林さんちのメイドラゴンのトールの年齢ですが、100歳以下だと載って

小林さんちのメイドラゴンのトールの年齢ですが、100歳以下だと載って…

小林さんちのメイドラゴンのトールの年齢ですが、100歳以下だと載って…

小林さんちのメイドラゴンのトールの年齢ですが、100歳以下だと載っているケースが多いのですが、100歳以上の可能性はありませんか?そう思う理由ですが、作家のトールキンを由来にしてトールの 名が付けられたから100歳以下。ではなく、原作の内容になりますが、翔太君のお父さん(小林さんの会社の専務)が、「50年以上前の作品には著作権が適応されないから、50年後に出る物なら…」というような発言をしていて、さらには終焉帝がその本を読んでいたという事と、トールの「私からすれば人間は皆赤子」といった発言をしている事です。
この事を踏まえて、トールの実年齢はおよそ何歳になるのでしょうか。

アンサー

翔太パパのセリフを確認しました。
「作家の死後50年以上で著作権が消えるなら 生まれる50年前はいわずもがな」
なので、
・トールキン誕生の50年以上前に書いた物を「若い頃の終焉帝」が読んでいた
という描写は確かにありました。
ただしそれはあくまで「若い頃の終焉帝」であり、実際トールが生まれた時点というのは明示されていないと思います。このシーンの情報で分かるのは、
・少なくとも翔太パパ(まずコイツは何歳なのか??)がトールキン生誕1892年の50年以上前にトールキンの書物を盗作した。
・それを読んだ時点で終焉帝は若かった。
というところです。
一番重要なのはその後のセリフ「その状態が続く中生まれたのがトール」でしょう。「その状態」とは、「数100年単位の闘いと停滞の繰り返し」です。
その状態の「中」ですから、トールもその数100年の繰り返しを何度かは体験していると考えるのが妥当でしょう。そうでなければ「その状態が終わる頃生まれた」とかいうセリフになっているハズです。
よって私はトールの年齢は少なくとも数100歳と考えます。
私はエルマが好きですが、エルマがトールに執着するのも「相当長い期間一緒にいて楽しかったから」ではないでしょうか。「ドラゴンにとっての長い期間」は、100年とかそんなくらいじゃないですかね。


質問タグ:トールキン,トール,小林,およそ何歳,メイドラゴン,エルマー,何度か

小畑優奈がカップリングのDVDが一番多く出ているSKE48のいきなりパン…

小畑優奈がカップリングのDVDが一番多く出ているSKE48のいきなりパン…

小畑優奈がカップリングのDVDが一番多く出ているSKE48のいきなりパンチラインはどのタイプですか?

アンサー

タイプB誰かの耳。


質問タグ:パンチライン,SKE48,小畑優奈,カップリング,タイプB誰か,DVD

小畑健さんみたいな絵が大幅に変わったと思う先生、逆に樫本学ヴさん…

小畑健さんみたいな絵が大幅に変わったと思う先生、逆に樫本学ヴさん…

小畑健さんみたいな絵が大幅に変わったと思う先生、逆に樫本学ヴさんのように10年20年経っても絵がブレない先生を教えて下さい。

アンサー

「烈火の炎」の安西信行先生は絵柄の変動っぷりが凄いです。
「ライアーゲーム」の甲斐谷忍先生は絵柄が変わりません。


質問タグ:樫本学ヴ,小畑健,先生,絵,ライアーゲーム,安西信行先生,甲斐谷忍先生

小樽から銭函の「しろくまコーヒー」というカフェに行きたいと思って…

小樽から銭函の「しろくまコーヒー」というカフェに行きたいと思って…

小樽から銭函の「しろくまコーヒー」というカフェに行きたいと思っているのですが小樽からのバスで銭函まで行けますか?またどれくらいの時間で着くでしょうか?どなかたか教えていただけると嬉しいです。m(_ _)m

アンサー

しろくまコーヒーはJR銭函駅のほぼ真向かいにあるので、JR普通電車で行くのがベストです。
JR小樽駅から18分です。
※快速は止まりませんのでご注意下さい!


質問タグ:銭函,しろくまコーヒー,小樽,カフェ,バス,JR銭函駅,JR小樽駅

小説家になろうで昔読んだ作品を探しています。 主人公がゴブリンでエ…

小説家になろうで昔読んだ作品を探しています。 主人公がゴブリンでエ…

小説家になろうで昔読んだ作品を探しています。 主人公がゴブリンでエルフの子供を助けその母親に弟子入りする。そんな感じのあらすじでした。
他にもTS要素があったと思います。

アンサー

デルトラクエストじゃないか?


質問タグ:ゴブリン,エルフ,小説家,あらすじ,TS要素,デルトラクエスト

小説を書きました いかがですか 元カテシリーズ第212話 修善寺の元カ…

小説を書きました いかがですか 元カテシリーズ第212話 修善寺の元カ…

小説を書きました
いかがですか
元カテシリーズ第212話
修善寺の元カテ
元カテは職場で深い疲れを負って修善寺(しゅぜんじ)温泉に逃れて来ていた。 「 修禅寺(しゅぜんじ)は、静岡県伊豆市修善 寺にある曹洞宗の寺院。山号は福地山。正式 名称は「福地山修禅萬安禅寺(ふくちざん しゅぜんばんなんぜんじ)」 [2] で、略して福 地山修禅寺と呼んでいる(宗教法人としての 名称は「修禅寺」 [3] )。修善寺温泉街の中心 にある。夏目漱石の「修善寺の大患」、岡本 綺堂の「修禅寺物語」でも名高い 」
「 歴史
修善寺温泉の歴史は、平安時代に弘法大師が 開いたという修禅寺の歴史とともにある。独 鈷の湯も弘法大師が湧出させたとされ、これ が修善寺温泉の起源である。川原で病気の父 親の体を洗う少年のために「弘法大師が独 鈷を用いて岩を砕き、そこから湯が湧出し た」との開湯の伝説が残る。鎌倉幕府の時代 には、源頼家が修禅寺に幽閉され暗殺され た。
文学
明治時代には静かな環境が文豪に愛され、夏 目漱石なども訪れた。 」
元カテは修善寺デモユウスウノ古い温泉旅館に宿を借りた。
「お客様はどちらの方ですか」
宿の女将(おかみ)が元カテに尋ねた。
「北海道です」
元カテが答えると女将は驚愕した。
「まあ」
元カテは尋ねた。
「どうしてそんなに驚くのだい」
女将は言った。
「だってそんなに陽に焼けておられるのだもの、九州の方かと思いましたわ」
元カテはわらって言った。
「私は北海道エナジーの電気技師です。ふだんは電柱に登って毎日陽に焼けておるのですよ」
女将は言った。
「そうでございましたか、北海道エナジーとはまた大きな企業にお勤めでございますね」
元カテは言った。
「企業のよしあしは大きさでは決まりません」
女将は尋ねた。
「何で決まるのですか」
元カテは言った。
「そこで働く人々のあり方が美しいかどうかです」
女将は笑った。
「お客様はお若い」
元カテは言った。
「半分、青い」
元カテは女将の差し出した浴衣に着替えると旅館の庭を歩いた。
初夏の緑が目にまぶしかった。
夕刻に温泉に入ると女将がご飯を持ってやって来た。
「お客様は何がお好きですか」
元カテは言った。
「私のことは元カテと呼んでください。私はキノコが好きです」
女将は言った。
「キノコですか」
その日の食事は鮎と茄子の鷸焼きであった。
それに美味しい味噌汁がついた。
「元カテはワールドカップはご覧になりますか」
女将が尋ねると元カテは言った。
「いいえ、私はここに休みをとってやって来ました。気忙しい試合など見る気はありません」
元カテは翌日から、朝起きると女将に用意してもらった硯と墨、筆を用いて写経を始めた。
空いた時間には風呂に入った。
サッカーはけして見なかった。
一週間後、元カテは女将に言った。
「この宿にはピアノはありますか」
女将は言った。
「主人がチェロを弾きます。私がピアノでそれに伴奏をつけます」
元カテは初めてうれしそうに笑った。
「ピアノはどんな種類のピアノですか」
女将は言った。
「ベーゼンドルファーです」
元カテは言った。
「私はA川市の自宅に450諭吉で中古のスタインウェイを持っています」
女将は言った。
「よろしかったらお弾きになられますか」
元カテは言った。
「他の泊まり客の迷惑にならないかしら」
女将は言った。
「防音を施した部屋に置いてございます」
元カテは言った。
「では呼ばれましょう」
元カテは女将に誘われて宿の音楽室へと入って行った。
元カテは言った。
「ここはいつまで使ってよいのですか」
女将は少し考えてから言った。
「主人が東京に仕事で参っておりますから、帰ってきたらチェロを弾くかもしれませんが、それまでは自由にお使いください」
元カテは言った。
「ありがとう」
その日から元カテはピアノにとりついて離れなくなった。
部屋の隅にラベルのソナタ集の1巻と2巻と3巻があったので、それを弾いたのである。
ベーゼンドルファーはスタインウェイよりも少しくすんだ色調の美しい音であった。
それは古い温泉宿の室内によく調和していた。
部屋の隅にはチェロがケースに入って立てかけられていた。
元カテが開けてみると、それはガダニーニだった。
一千万円以上する名器である。
元カテは一週間ピアノを弾き続けた。
女将は一度も顔を出さなかった。
元カテの気を散らすことを恐れたのか、それとも他に用事があったものかわからない。
元カテが二週間後宿を引き払うとき宿賃は20万円ほどであった。
元カテは尋ねた。
「音楽室の使用料はいくらですか」
女将は言った。
「要りませんわ」
元カテは言った。
「今度来たときはご主人とチェロを合わせたいものだ」
女将は言った。
「伝えておきます」
元カテが宿を出て空を降りあおぐとすっかり梅雨は終わりそう、初夏の日射しが爽やかだった。
おしまい

カテ,修禅寺,ベーゼンドルファー,女将,弘法大師アンサー

訳わからんな。


質問タグ:カテ,修禅寺,ベーゼンドルファー,女将,弘法大師

小説を書きました いかがですか 元カテシリーズ 第190回 続々元チロリ…

小説を書きました いかがですか 元カテシリーズ 第190回 続々元チロリ…

小説を書きました
いかがですか
元カテシリーズ
第190回 続々元チロリアンミュージックのバウムクーヘン 第188回 s://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q141914506
第189回 s://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q101914551
元チロリアンミュージックは70歳になった。
チロリアン醤油は中国地方の大企業として、世界に名前を知られるようになっていた。
高橋一生のCMを打ったことがキッカケトなり、日本の四大醤油メーカーとなった。
そして、その後イスラムの基準である、ハラール認証を得たことが世界にヒロガルきっかけとなった。
醤油には生成の過程でアルコール分が生じるがチロリアン醤油科学研究所はアルコール分を除去し、それでも一定の風味を失わないチロリアンノンアルコール醤油を開発することに成功した。
イスラム諸国において「チロリアン」とは醤油の代名詞となった。
こうしてチロリアン醤油はイスラム教諸国に拠点を築いた。
ネッスル、味の素、デルモンテ、チロリアン醤油は世界の四大食品メーカーとなった。
元チロリアンミュージックには一人息子である狂四郎がいたが、彼が何をしているのか元チロリアンミュージックは知らなかった。
東京芸術大学音楽学部器楽科でピアノを学んでいたが、一度も帰省したことがなかったのである。
金は自分で何とかしているらしく、元チロリアンミュージックは卒業してから仕送りをしたことはなかった。
ある日、チロリアン醤油本社に狂四郎が妻と子供を連れて訪れた。
元チロリアンミュージックにとっては孫に当たるその子供の名前は樽人(たると)と言った。
狂四郎の妻は沖縄のちゅら(美人)さんだった。
狂四郎は言った。
「お父さん、久しぶりです」
元チロリアンミュージックは言った。
「お前こそ、生きていたのか」
二人は互いの瞳を見つめあった。
その日、狂四郎一家は元チロリアンミュージックの家に泊まった。
意外なことに狂四郎は音楽の道を離れ、ビルの窓拭きをする会社を経営していた。
「高層ビルの窓拭きをしています」
なるほど、高層ビルの窓も誰かが磨かなければならないのだと元チロリアンミュージックは思った。
「樽人を山口の自然の中で育てたくて戻ってきました」
そう言うと狂四郎は妻と子供を置いて東京に戻って行った。
東京の窓拭き会社を運営するためである。
時には自分でも窓を拭くらしかった。
樽人は地元の小学校に入った。
元チロリアンミュージックは狂四郎のために家を経てて樽人と母親を住まわせた。
そして、悲劇は起こった。
その日は朝から天気がよかった。
狂四郎が新宿の卵の繭のようなビルの窓をゴンドラで磨いているとそこにイスラム過激派が飛行機で突っ込んだ。
狂四郎は崩落するビルの瓦礫の仲に埋もれて帰らなかった。
「君たちを連れて戻ってきたのは虫が知らせたのであろう」
元チロリアンミュージックはちゅらさんと樽人に言った。
ビルの崩落事故から4か月が経ち、元チロリアンミュージックはようやく立ち入り禁止が解除された現場に立った。
狂四郎が好きだった白いバラの花を犠牲者の名前が書かれた碑の前に供えると手を合わせた。
空には美しい飛行機雲が浮かんでいた。
おしまい

狂四郎,元チロリアンミュージック,チロリアン醤油,キッカケト,ちゅらさんアンサー

ドン・ファン殺しのほうがなぞで面白い
負けてるな


質問タグ:狂四郎,元チロリアンミュージック,チロリアン醤油,キッカケト,ちゅらさん