【極秘】2016年のアニメベルセルクがcgになったのはやはり予算が関係してるの

2016年のアニメベルセルクがcgになったのはやはり予算が関係してるの…

2016年のアニメベルセルクがcgになったのはやはり予算が関係してるの…

2016年のアニメベルセルクがcgになったのはやはり予算が関係してるのでしょうか?原作のような高い画力を再現するのが難しいから?

アンサー

3DCGにしても別に安くならないです。3DCGでやりたかったというだけでしょう。


質問タグ:アニメベルセルク,高い画力,3DCG,予算,原作,CG

2016年に深夜放送されていたアニメの名前が知りたいです。 ホラーアニ…

2016年に深夜放送されていたアニメの名前が知りたいです。 ホラーアニ…

2016年に深夜放送されていたアニメの名前が知りたいです。
ホラーアニメでしょうか。
ちゃんと見た訳ではありませんが、
夜道を学生たちが歩いていて、上を見上げると何かが居たと思うので す。
ただ、当時はちょっと怖くてちゃんと見れなかったので内容までは分かりません。
ただ女性の幽霊が現れる話です。
時期的に甲鉄城のカバネリと同じころに放送されていました。
少ない情報ですが、これかな?と言うものがあれば教えてくださいm(_ _)m

アンサー

2016年 春アニメまとめ
://anitabinet/blog/2015/12/2016springhtml
↑絵柄を覚えていれば、上記サイトから見つけられるかもしれません。
霊的なのものだと、下記のアニメはどうでしょうか?
・迷家-マヨイガ-
・境界のRINNE 第2期
・喰霊-零-
個人的には、迷家だと思います。


質問タグ:カバネリ,甲鉄城,ホラーアニメ,夜道,幽霊,喰霊,マヨイガ

2013年以降に公開された3D映画の感想を聞かせてください。 作品名、…

2013年以降に公開された3D映画の感想を聞かせてください。 作品名、…

2013年以降に公開された3D映画の感想を聞かせてください。 作品名、作品の感想、3Dの出来をお願いします。

アンサー

ん~と、私の場合、
手元で確認できる限りでは、2013年以降、3Dで観た映画は、以下の通りですね。
2013年
『アイアンマン3』
三作目ということもあって、マンネリ感の出ないよう、話づくりに腐心していたと
いう印象。
(なので、好感度は割と良い。)
3Dは、作風的にマッチしていたと思う。
『パシフィック・リム』
こういう実写ロボ映画が観たかったんだよ!
(CGだけどw)
なので、当時「100点」と評した覚えがありますね。
(まあ、当時の勢いというトコもあるし、何より、そこは「人による」とは
思いますけど。)
3Dは良かったですよ、迫力が増して。
(ちなみに、私の後輩は、当時、今よりもっと珍しかった「4D上映」で
この作品を観たそうな。悔しいw)
『ワールド・ウォー Z』
まあ、ハラハラドキドキは楽しめましたけど、ラストも含めて、
観終わったあと、なんかこう「消化不良感」が否めない気が(^_^;)
3Dは、それなりに効果的ではあったけど、「必須」ってほどではないかもね。
『怪盗グルーのミニオン危機一髪』
面白かったことは面白かったんですけど、前作よりパワーダウンしていた気が
して、ちょと物足りない印象。
3Dは、それなりに効果的だった気はしますけど、別に2Dでも良かったかも。
『ゴースト・エージェント/RIPD』
世間一般では評価低い作品ですが、好きなんだよこーゆーの(^_^;)
ただ、3Dで観たのは、あくまで「個人の好み」という話であって、
フツーはお勧めしないなあ(笑
(もちろん、3Dの方が映像に迫力がプラスされるのは確かですけど、
「3D必見」とかいうほどのクオリティなわけじゃなしw)
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』
まあ、「良くも悪くも、こんなもんでしょ」的なエンタメ作品。
3Dは効果的ではあったと思います、こういう映画にはマッチしてると思うんで。
(今なら、4Dとかで上映するんかなあっていう作風ですし。)
『ゼロ・グラビティ』
大変良い映画でした、ただし、この邦題だけは大いに不満ですが(^_^;)
(事あるごとに、そんなコト言ってますがw)
3Dは、映像美(?)にひと役買っていたと思いますけど、
個人的には、この映画の本質はそういう所にあるんじゃない!と思っているので、
「3D効果は不要!」と、敢えて申し上げたい。
(大きく出たなあw大丈夫か私www)
2014年
『ホビット 竜に奪われた王国』
面白かったことは面白かったんですが・・・。
ただ、「三部作の二作目」ですからねえ、クライマックスヘ向けてこれから!と
いうところで終わりますんで、何とも欲求不満が(^_^;)
3Dは良かったと思います、映像的にも、アトラクション的なノリという点でも、
作品にマッチしていたと思うんで。
『レゴムービー』
個人的に、割と好感度高いです、この映画。
タイトルからでは予想してなかった、構造的なひねりと「深み」がありました。
何気に侮れない一本だと思います。
3Dは、アトラクション的なノリという点ではプラスでしたけど、作品の本質という点
から言うと、
別に要らなかったかなという気もします。
『ネイチャー』
有無を言わさぬ迫力と説得力に満ちた映画でした・・・まあ、ドキュメンタリーだから
当たり前っちゃあ当たり前ですが(^_^;)
3Dは、「映像の迫力」という点ではプラスだと思いましたが、
作品の本質から言うと、やはり蛇足なのかも知れません。
『ポンペイ』
まあ、ハラハラドキドキは楽しめましたけど、史実をもとにしていますので、
どうしても「ラストはわかってる」わけで・・・。
3Dは、映像の迫力にはひと役買ってましたけど、
作風として「そういう映画ではない」ので、要らんかったかなとも思います。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
「良くも悪くも、こんなもんですかね」的な印象(^_^;)
(ちなみに、原作は読んでません。)
3Dは、まあ、作風には合ってたんじゃないですかね。
『GODZILLA』
ハリウッドにしちゃあ、頑張って「怪獣映画」にしていたと思いますよ。
3Dも、作風に合っていて良かったのではないかと思います。
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
『トランスフォーマー』シリーズも、思ってたより長く続いてる上に、
作品ごとの間が空くもんだから、内容は、もう何が何やら(^_^;)
3Dは作風に合っていたと思いますけど、ただ、『トランスフォーマー』の映画って、
ただでさえ映像(画面)がゴチャゴチャしてワケワカランという面もある気が
するんで、
2Dの方がスッキリしていいかもね!っていう。
『ザ・ヘラクレス』
今ひとつふたつ・・・な映画でした。
(ハッキリ言って「どうでもいいや」レベルw)
3Dも、そんな感じです。
(作風的には、3Dはマッチしてるはずですけど、
そもそも、別にそこまでして観るほどのもんじゃなかったというw)
『ベイマックス』
同作よりちょっと前までは、この手の映画は、
「3Dだと吹き替え」
「字幕で観たい人は2Dになります」
って感じだったので、2D(字幕)で観ていたのですけど、この辺りからでしょうか、
「字幕上映が無くなった」(もしくは、利用しにくくなった)
という上映環境になったので、
仕方なく、「3D&吹き替え」で観た・・・というのが実情だったと思います。
映画自体は、いい作品だと思いましたよ。
ただ、3Dにする必然性は、さほど感じませんでした。
(無意味だったとまでは言わんけどね、「3D必見だよ!」とかいうほどでは
無かったんじゃないかなと。)
2015年
『シン・シティ 復讐の女神』
思ったより退屈してしまった・・・というのが正直なところです(^_^;)
(割と「観る人を選ぶ」という気がしました。)
3Dである必要は、あまり無かったんじゃないかなあ。
映像的に、敢えてトーンを抑えた感じにしていましたし、
アレだと、3Dって活きないんじゃないかなと。
『ジュピター』
まあ、面白かったっちゃあ面白かったですけど、「良くも悪くも、こんなもん」
といった感じかなと。
3Dは、作風に合っていたと思います。
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
面白かったと思いますよ。
3Dも、迫力ある画作りが結構あったので、マッチしていたと思います。
(ただ、2Dの方がスッキリして観やすいかも・・・という気もする。)
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
物足りない・・・というか、「いつまで続けんだこのシリーズ」という倦怠感が(^_^;)
(内容的にも、ホント、そんな印象でしたしね。)
3Dは(ってかホントはMX4Dで観たんですが)、まあ、作風には合っていたと
思うものの、
「そもそも、そこまでして観るほどのもんかあ?」というのが正直なところ。
『ピクセル』
面白かったですよ~。
ただでさえ、「ゲームのキャラが現実世界に!?」という映像的な面白さがあるのに
加え、
「3D」ともなりますと、よけいに楽しい?みたいな。
『ジュラシック・ワールド』
まあ面白かったことは面白かったですけど、
これまた、「いつまで続くんだ(以下略」という。
(毎回のように「恐竜の制御に失敗」ですしなあ。)
3Dは良かったと思いますよ、まさに「アトラクション」なノリの作品ですから。
(4D上映もありましたので、そっちの方がベターですが、当時、競争率が
高かったんよw)
『アントマン』
面白かったです。
「ヒーローもの」という側面と、
「身体を小さくして戦う」ということによって生じるコミカルさとが、いいバランスで
提供されていたかと。
3Dも、作風に合ってると思いました。
『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』
割とどうでもいい中身だったなあ・・・もはや「メイズ」ランナーではなくなってたし。
3Dも、別に2Dでいいのでは?(中身的に、そこまでするほどのもんじゃないし)
と思いました。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
3D・・・ってか、「4DX」で観たわけなんですが、
そっち方面は、いやあ、楽しい楽しい(*^_^*)
本編の内容は、まあ賛否あるみたいですが、私は、割と気に入ってます。
2016年
『オデッセイ』
残された資材で、いかにして稼いで生き延びるか?という創意工夫が
面白かったですね。
(もちろん、それだけじゃないけど。)
「火星の映像」とか、3Dがマッチする部分はありましたけど、作品の本質的に、
3Dにこだわる必要は無いかな?(そういう映画じゃない気がする)とも、
思いました。
2017年
『ドクター・ストレンジ』
ヒーローとしてはユニーク(異色?)なキャラを含めて、面白かった一本です。
3Dも、映像美(?)にマッチしていたと思いますよ。
以上、あくまで一素人の私見に過ぎませんけど、とりあえずご参考?まで(*^_^*)


質問タグ:3D,3D映画,トランスフォーマー,2D,クライマックスヘ,作風,感想

2012年頃読んだ漫画で、タイトルを知りたいです。 主人公は三姉妹の高…

2012年頃読んだ漫画で、タイトルを知りたいです。 主人公は三姉妹の高…

2012年頃読んだ漫画で、タイトルを知りたいです。 主人公は三姉妹の高校生、中学生、小学生の三人だったと思います。
舞台は日本なのですが、主人公の三姉妹以外人は無人で、所々町が浸水している状態でした。
町中を探索していると時々怪物?のようなものが出現してピンチになる描写があった気がします。
COPPELIONという漫画に設定は似ていたはずですが、それよりは雰囲気が明るく町も廃墟ではなく、ただ人がいなくなった状態で、絵もポップな感じだったと思います。
巻数もそれほど多くなかったと思います。
どなたか知っていたらタイトルお願いします。

アンサー

違うかもしれないんですが、浸水しているとか怪物が
出て来るとかの設定から「地球の放課後」じゃないか
なと思いました。
全然違ってたらすみません;


質問タグ:三姉妹,コッペリオン,主人公,タイトル,巻数,怪物,放課後

2012年の10月から放送されたアニメ《中二病でも恋がしたい!》…

2012年の10月から放送されたアニメ《中二病でも恋がしたい!》…

2012年の10月から放送されたアニメ《中二病でも恋がしたい!》と ://wwwanime-chu-2com/tv/
2013年の4月から放送されたアニメ《惡の華》ですけど
://akunohana-animejp/tophtml
その2つのアニメは、2012年の7月に報道され世間を騒がせた、滋賀県大津市の とある中学校で起こったイジメ問題の一件と深く関係してるんでしょうか?
s://jamwikipediaorg/wiki/%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E5%B8%82%E4%B8%A
どちらの作品も中学生問題をモチーフにしたものである事は間違い無いはずですし
放送された時期は、そのイジメ問題の報道があってから3ヶ月後か9ヶ月後の事ですし

アンサー

深く関係してるんでしょう


質問タグ:いじめ問題,アニメ,滋賀県大津市,モチーフ,中学校

2008年位にAt-xでやっていたアニメなのですが名前がわかりません。 確…

2008年位にAt-xでやっていたアニメなのですが名前がわかりません。 確…

2008年位にAt-xでやっていたアニメなのですが名前がわかりません。
確か”ゆめみ”という名前のヒロインがいたと思います。
また見たいのでどなたか教えてください

アンサー

「空を見上げる少女の瞳に映る世界」の主人公が日高ユメミっていう子でした。


質問タグ:ヒロイン,AT-X,名前,アニメ,日高ユメミ,2008年位,主人公