【極秘】小説を書きました いかがですか 元カテシリーズ 第169作 二十歳の原

小説を書きました いかがですか 元カテシリーズ 第169作 二十歳の原…

小説を書きました いかがですか 元カテシリーズ 第169作 二十歳の原…

小説を書きました
いかがですか
元カテシリーズ 第169作
二十歳の原点~序章~
元カテはM工業大学の電気工学科の二年生だった。 N寄高校を卒業し、現役でM工業大学に入った元カテはA川市の自宅を離れ、青春を謳歌していた。
「元カテ」
元カテが下駄履きでキャンパスをギターを背負って歩いていると後ろから、学生自治会の鏑木鉱太郎(かぶらき・こうたろう)が声をかけた。
鏑木は電気工学科の俊才で北大工学部も合格できる学力を備えていたが、M工業大学自治会を組織するためにバルタイ(党)から送り込まれたという噂であった。
「やあ、鏑木」
元カテは仕方なく言った。
鏑木は以前から元カテをM青に差そっていた。
M青とはパルタイの青年部組織である。
パルタイは美男美女の集まりだったが、そこで交わされる会話はマルクスレーニン主義に関わる些末な解釈に関するものばかりだった。
だから、政治に無関心な元カテは、鏑木にM青に入る気はないと断っていたのである。
「今日は授業は終わったのかい」
鏑木は元カテに尋ねた。
元カテは答えた。
「岬の突端に行って歌おうと思っていたところだ。あそこならどんなに大木なこえで歌っても文句を言われないからな」
鏑木は言った。
「君にお願いがある」
元カテは身構えた。
「パルタイには入らない。M青にも入る気はない」
鏑木は言った。
「実は僕はセツルメントの仕事をしている」
セツルメントとは「持つ者と、持たない者がともに相集って一定の地域、場所で共同して支えあう精神に基づくボランタリズム運動。近代の社会福祉、ソーシャルワークの形成発達に大きな影響を及ぼした」ものである。
元カテは言った。
「それは知らなかったな」
鏑木は言った。
「セツルメントの集会で君に歌ってほしい」
元カテは言った。
「歌うだけならいいよ」
元カテは翌日、ギターを背負ってM工業大学学生会館の集会所に出かけた。
そこにはセツルメントに関わる学生、すなわちM青の学生たちが二十人ほど集まっていた。
鏑木はみんなに元カテを紹介した。
「元カテだ。彼は中学の数学教師の息子として生まれた。音楽を愛好し、フォークソング同好会に入っている。今日は我々のために歌ってもらうなめに来てもらった」
元カテはお辞儀をして言った。
「四月一日一郎(わたぬき・いちろう)です。これから歌います」
元カテは歌った。
「もしも私が家を建てたなら
小さな家を建てたでしょう
大きな窓と小さなドアーと
部屋には古い暖炉があるのよ
真赤なバラと白いパンジー
小犬の横にはあなた
あなた あなたがいてほしい
それが私の夢だったのよ
いとしいあなたは今どこに
ブルーのじゅうたん敷きつめて
楽しく笑って暮すのよ
家の外では坊やが遊び
坊やの横にはあなた
あなた あなたがいてほしい
それが二人の望みだったのよ
いとしいあなたは今どこに
そして私はレースを編むのよ
わたしの横には わたしの横には
あなた あなた あなたがいてほしい
そして私はレースを編むのよ
わたしの横には わたしの横には
あなた
あなた あなたがいてほしい」
s://youtube/txco4i2GpTE
元カテが歌い終わると人々の中の一人が言った。
「元カテはプチプチだ」
元カテは言った。
「うっさい」
他の一人が言った。
「チューリップのアップリケを歌え」
元カテは言った。
「わかった」
元カテは歌った。
「うちがなんぼ早よ起きても
お父ちゃんはもう靴トントンたたいてはる
あんまりうちのことかもてくれはらへん
うちのお母ちゃん何処に行ってしもたのん
うちの服を早よう持ってきてか
前は学校へそっと逢いにきてくれたのに
もうおじいちゃんが死んださかいに
誰もお母ちゃん怒らはらへんで
早よう帰って来てか
スカートがほしいさかいに
チューリップのアップリケ
ついたスカート持って来て
お父ちゃんも時々買うてくれはるけど
うちやっぱりお母ちゃんに買うてほし
うちやっぱりお母ちゃんに買うてほし
うちのお父ちゃん暗いうちから遅うまで
毎日靴をトントンたたいてはる あんな一生懸命働いてはるのに
なんでうちの家いつも金がないんやろ みんな貧乏がみんな貧乏が悪いんや
そやでお母ちゃん家を出て行かはった おじいちゃんにお金の事で
いつも大きな声で怒られてはったもん みんな貧乏のせいや
お母ちゃんちっとも悪うない
チューリップのアップリケ
ついたスカート持って来て
お父ちゃんも時々買うてくれはるけど
うちやっぱりお母ちゃんに買うてほし
うちやっぱりお母ちゃんに買うてほし」 s://youtube/YlOToxOxOME
拍手が起こった。
鏑木が元カテに言った。
「元カテ、共に立ち上がろう」
元カテは言った。
「断る」
元カテはそう言うと集会所を後にして出てきた。
背後では「元カテのバカヤロウ」
そう怒鳴るのが聞こえた。
おしまい

セツルメント,カテ,鏑木,お父ちゃん,アップリケ,高橋幸宏,私事細野晴臣アンサー

高橋幸宏 – 悲しきBLUE COLOUR WORKER
s://wwwyoutubecom/watch?v=EwYKt0blxEg
岡林のバックバンドを務めました私事細野晴臣の作品です。


質問タグ:セツルメント,カテ,鏑木,お父ちゃん,アップリケ,高橋幸宏,私事細野晴臣

小説を書きました いかがですか ダニキチ、ダボス会議に行く ダニキ…

小説を書きました いかがですか ダニキチ、ダボス会議に行く ダニキ…

小説を書きました
いかがですか
ダニキチ、ダボス会議に行く
ダニキチシリーズ第32作
ダニキチは名古屋法科大学院の二年生である。 ダニキチのもとにダボス会議の招待状が届いた 。 今回のダボス会議は世界の食糧問題がテーマと なったので、日本のお米の研究をしているダニ キチが招かれたのである。 他に日本からは安倍晋三、世耕大臣、林文部大 臣が選ばれて招待されていた。 会場で安倍晋三に会ったので、ダニキチは安倍 晋三にお願いして、並んでスマホで自撮した。 「日本のために頑張ってください」 ダニキチがそう言うと安倍晋三は涙ぐんで「あ りがとう」と言った。
ダボスはスイスの高地で、トーマスマンの魔の 山の舞台となったサナトリウムがある場所であ る。
ダニキチは日本のお米について基調講演をした 。 「具体的に申し上げますと、宮城で育ったので 、みやぎけんのおこめをたべてそだちました 。なので宮城県のコメは味覚としておいしく 感じるところがあるのかもしれないです。次 に、埼玉県は海がないし、夏に熱くなりすぎる んです。だから昔はダメだったんですよ。し かし、最近はそれに対応するコメができてきた こと、耕作技術が進歩したことにより、どんど んおいしくなりましたね。
長野県は今度夏が寒いんですよ、軽井沢とか寒 いでしょう。だからそれでコメがちゃんと育つ のかなっていう心配はありましたが、農家さ んの研究のお陰もあり、ちゃんとしたコメが育 つと。
ちなみに僕は東日本のコメのほうが西日本のコ メよりうまいと感じます。」
みんなはダニキチの具体性にあふれた離しに聞 き入った。
ダニキチは最期に結論を述べた。 「結局お米というのは暑さ、すなわに熱すぎず 寒すぎずということ、雨の量ということ、い い土がある事の3つのバランスが大事です。 それのバランスを欠くものはダメなのです」
ダニキチが講演を終えてお辞儀をすると盛大な 拍手があった。 ダニキチは手応えを感じた。 来てよかったと思った。 講演を終えてまだ間があったので山地の方にブ ラブラと歩いて散策を楽しむことにした。 季節は秋で紅葉が美しかった。 するとおばあさんがいた。 ダニキチはドイツ語で言った。 「グーテンターク(こんにちは)」 おばあさんは言った。 「サヨナラ」 ダニキチはビックリした。 会ったとたんにサヨナラを言われたのは初めて だったからである。 しかし、ダニキチは昔、鉄人リプケンがサンデ ースポーツに出たとき、解説委員の原辰典が「 シーユーアゲイン(また、お会いしましょう)」 と会ったとたん言ったということを知っていた 。
外国語にうとい人は間違った外国語を話すこと があるのである。
ダニキチはおばちゃんにドイツ語で言った。 「サヨナラとは日本語でグッドバイという意味 なのですよ」 おばあさんは赤面して言った。 「ご免なさい。私は出会いの挨拶のつもりで言 ったのです」 ダニキチは言った。 「いいんですよ。ところでなぜ僕が日本人だと わかったのですか」 おばあさんは言った。 「ティファニーで朝食を、に出てくる、ユニオ シさんとあなたはよく似ています」 ユニオシさんとは出っ歯で眼鏡をかけた人物で ある。 ゴーストバスターズにも「パーティをやるんだ けど来ないか」と誘うユニオシさん的な人物が 出てくる。 ダニキチは言った。 「僕はユニオシさんとは少しも似ていません。 濱田岳(はまだ・がく)と似ています」 おばあさんは言った。 「私はガク・ハマダを知りません」 ダニキチは言った。 「日本のとても人気のあるアクターです」 おばあさんは言った。 「あなたはガク・ハマダに似ていることを自分 のアイデンティとして大切にしているのですね 」 ダニキチは言った。 「ええ、僕の心の拠り所です」 おばあさんは尋ねた。 「あなたはダボス会議にいらしたようですが、 成果は得られましたか」 ダニキチは言った。 「講演をして温かい拍手をもらいました」 おばあさんは言った。 「ファンタスティック(すばらしいわ)!」 ダニキチは言った。 「ありがとうございます。講演で成果を得るこ とができたので、あとは安心してスイスの美し い山々を見るために散歩に来ました」 おばあさんは言った。 「スイスは美しい山とハイジで有名です」 ダニキチは言った。 「ハイジは日本でも有名です」 そして歌った。 「口笛はなぜ遠くまで聞こえるの あの雲はなぜ私を待ってるの 教えておじいさん 教えてアルムの森の木よ」 s://youtube/HmA-JlgK3VA おばあさんは言った。 「歌がとてもお上手ね」 ダニキチは言った。 「いいえ、僕は音楽は不得意でした。仙台育英 高校というハイスクールで講師のおばちゃんに あなたは音痴ねと笑われました」 おばあさんは言った。 「あなたの心を傷つけたその音楽の先生は心な い人ね」 ダニキチは言った。 「なぐさめてくれてありがとうございます」 おばあさんは言った。 「私にこれだけは

ダニキチ,ユニオ シ,おばあさん,コメ,ゴーストバスターズ,等級審査,刑事弁護士アンサー

なかなかお米というのは、深いのですよ。
僕の夢の一つに刑事弁護士というのはありますが、
それとともにお米の等級審査をする人というのもあります。


質問タグ:ダニキチ,ユニオ シ,おばあさん,コメ,ゴーストバスターズ,等級審査,刑事弁護士

小説のエロマンガ先生って実質狭霧1強ですか? ネタバレ有りでも大丈…

小説のエロマンガ先生って実質狭霧1強ですか? ネタバレ有りでも大丈…

小説のエロマンガ先生って実質狭霧1強ですか? ネタバレ有りでも大丈夫です。

アンサー

原作じゃ婚約したよ
最新刊じゃムラマサ先輩が不倫を持ちかけてる


質問タグ:実質狭霧1強,エロマンガ先生,小説,ムラマサ先輩,最新刊,不倫,原作

小説の「イリヤの空、UFOの夏」で気になるシーンがあります。 無銭飲…

小説の「イリヤの空、UFOの夏」で気になるシーンがあります。 無銭飲…

小説の「イリヤの空、UFOの夏」で気になるシーンがあります。
無銭飲食列伝のラストで伊里野が浅羽にあかんべーをしましたが、これはどうしてなんでしょうか?

アンサー

たしかあれは、依存していた浅羽以外とも人間関係を築き、それを浅羽にも秘密にすることで浅羽との関係とは独立したものとして大事にしていくという、ちょっとした精神的な成長の描写です。
幼い子供が母親に対して秘密をもったり反抗したりするのと同じ、健全な関係性の発達です。


質問タグ:浅羽,無銭飲食列伝,イリヤ,伊里野,あかんべー,浅羽以外,関係性

小説でも漫画でも映画でもアニメでも創作物などで、「作者が自分の作…

小説でも漫画でも映画でもアニメでも創作物などで、「作者が自分の作…

小説でも漫画でも映画でもアニメでも創作物などで、「作者が自分の作品のこの登場人物が好きすぎる!」というものと、「作者はこの登場人物嫌いなんだろうな」というものを紹介してください。 公式に対談などであったものでも、作品から予想できる物でも何でもお願いします。

アンサー

創作物を作る時に大事な事の一つが、キャラの設定とキャラ作りです。
特に主人公は、作者が一番思い入れをして作っています。
作者が好き過ぎるキャラは、どんな作品でも「主人公」だと思います。
例えば「GS美神」(ゴーストスイーパーみかみ)で、
作者が一番幸せを考えるキャラは誰だったかと言うと、
それは人気投票でいくら負けようと、世間がカップリングを願っても、
横島とひっつくべきは、恋に一途で健気でかわいい「ルシオラ」ではなく、
タカビーでも守銭奴でも主人公である「美神令子」なのです。
そして、作者は自分が苦労しての生み出したキャラなら、それが敵役でも、いやな性格でも、思い入れがありますから嫌いになることは普通はありません。
ただ、編集者とかに、こういうキャラを作れとか、いわれた場合、嫌いというかあっさり見捨てる場合はあります。思い入れないですから。
例えば「よんでますよアザゼルさん」
悪魔の話で、魔界では普通の姿でも、悪魔使いに呼ばれて現世に出る時は、動物の「ゆるキャラ」風になるのですが、
その中に「モッさん」という牛のゆるキャラ風なのがいます。
編集にかわいいキャラをといわれて作ったのですが、作者はすぐに消滅させてしまいました。その理由が
「なんか人気が出てきそうになって、うざいから」(出演している神谷浩史のラジオでの発言)
という、何のために生み出したのという身も蓋もない話で。
ま、この作者さんは変わってる人っぽいんで、極端なやり方ですけれど。


質問タグ:作者,創作物,登場人物,アザゼル,対談,作品,ルシオラ